最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 運動
  3. お腹の贅肉つかみ取り

お腹の贅肉つかみ取り

お腹の贅肉ってまず最初についてくるものですね。
ボディコンが流行っているころだったら、お腹が出てきたらすぐにダイエットでした。

でも、最近のお洋服ってだぼだぼスタイルでいくらでも贅肉のついたお腹が入っちゃう。
それにすこしぐらいぜんぜんデザインにも響きませんね。

そんなことから安心しきってしまったのか、若い人でもお腹がボッコリなんていう女性もいますね。

昔から、見られていると痩せるといいます。
それはいつも自分の神経がそこにいくからです。

脳は見られていることで、そこの細胞に緊張をさせるのです。
逆に見られてないと思うと、そこの細胞は緩むんですね。

その脳と細胞の関係を使って、意識をそこに集中しながら掴みダイエットをしてみませんか。

これはもみほぐして脂肪を流すというものではありません。
つよく大きく両手でつまむことで脳にしっかり意識をさせるのです。

まず、仁王立ちのように立って、お尻をしっかり締めましょう。
次に大きく腹式呼吸でお腹に空気を入れながら息を大きくすって、ゆっくり吐いていきます。

吐いていくときにお腹はずーっとへっこましていきますが、そのときにより強くつまんだ手に力を入れ、掴んだ脂肪を前に引っ張ります。

つまりお腹はへこますので背中の方向に流れるので、前と後に引っ張り合うということになります。

だんだんやっていると分かってきますが、掴んでいる脂肪以外の腹筋がしっかり動いているのが分かります。

これを20呼吸を毎日やってみましょう。
他に食事や生活を注意しながらセットでこれをやると効果が高くなります。
毎日の運動がなかなか出来ない人は、普段の生活の中でなるべく機敏に動くように注意をしながら、夜は1回これを続けてみてくださいね。

あるときから掴むお腹の脂肪が少なくなっていることに気付きますよ。
この贅肉つかみ取りは、お腹の筋肉を鍛えることを脳に意識させながら行うという理論なのです。