最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 運動
  3. ウォーキングのお勧め(ウォーキングと時間)

ウォーキングのお勧め(ウォーキングと時間)

朝のウォーキングについて考えてみましょう。

まず朝食前にウォーキングすると脂肪燃焼がとてもいいと言われています。大食いをした次の日は朝からウォーキングですね。

ウォーキングをスタートするとブドウ糖をエネルギーにしようとしますが、朝空腹のために血液中のブドウ糖が無い状態です。

そうなると脂肪を直接燃やすという作用がおこります。そのために脂肪燃焼が良くなるということですね。

しかし、空腹で具合が悪くなることもあるので、そんなときはバナナを一本いれておくといいですよ。バナナはすぐに燃焼してしまいますので、安心ですし腹持ちがいいので是非お勧めです。

ただし、朝のウォーキングはまだ全身目が覚めてない状態では危険なので、軽いウオーミングアップもしましょう。また、糖尿病や心臓病などの人は朝はとても危ないので禁止です。

さて、お昼のウォーキングはどうなのでしょう。

交換神経がとっても活発煮働いているので、運動をするには一番危険の少ない時間帯です。

ただ、夏などは日射病の方が問題になってしまいますので、気候のいいときにはお昼のウォーキングがお勧めということですね。

そして夜のウォーキングです。

寝る前にウォーキングをするということは、酸素もしっかり細胞に取り込むことになるので、血行がよくなっているためにホルモンの分泌が良くなります。

寝ているときには、基礎代謝が行なわれている他、ホルモンなどの分泌も活発になっているときです。

この睡眠時の前にウォーキングしておくと基礎代謝にもいい影響があります。

ただし寂しいところをウォーキングするなどの危険には注意しましょう。夜は人目が届きにくいので犯罪に巻き込まれやすくなります。人がいる、明るいなどの場所を選びましょう。

あと全ての時間帯に言えることですが、誰かと一緒にウォーキングする場合、特に仲の良い人と歩く場合はダイエット効果の維持(速度の維持)にも注意してくださいね。