最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 運動
  3. ウォーキングの心得と注意を知っておこう

ウォーキングの心得と注意を知っておこう

ウォーキングって老人でも、すぐに息が上がってしまう人でも誰でも簡単にできるので、とても人気だと思います。

最近は団塊の世代の夫婦がお散歩よりはちょっと早めのウォーキングをしている姿がよく見られます。

確かにウォーキングはジョギングのように無理のない、とても素晴しい運動の一つです。

しかし、やはり長く続けるというのがポイントなので、最初から頑張り過ぎず、自分にあった時間で無理をせず長続きするようにしましょう。

ダイエットにウォーキングを取り入れる場合は、お友達や家族と一緒にするのもいいでしょうね。下半身太りはもちろん、全身を均整よく絞ることができます。

ただ一人でやるより続けやすい反面、ダイエット効果となると弱くなることもあるので一応頭に入れておきましょう。

いざ始めると意外ときついところもあり、続かない人も増えてきます。

また、ウォーキングで痛めやすいのは足首や膝が多いようです。

始める前にちょっとアキレス腱を伸すなど、軽いウオーミングアップをしてから始めましょう。

これから冬になると特に筋肉や腱が固く縮まっているので、軽く伸してやるようにしましょう。

また、靴下もしっかり厚手のものを履き、足首や膝を温めましょう。

膝にはサポーターを使うのもいいですね。

そして、次に案外気にしていないことが、体を温めるということです。

つい歩くと汗ばむからといつもより薄めで始める人もいるようです。

しかし、もともと脂肪燃焼を狙ったウォーキングです。

体を冷やすと燃焼率もとても悪くなります。

痩せる目的の人は特に代謝には気を使うことが必要ですので、ぜひ温かい服装で行なうようにしましょう。

少し汗ばむ感じで行ないましょう。

真夏はそんなに問題はないのですが、季節のいいときになると汗ばまないような快適な服装にしてしまいそうですね。

ちょっとそこを考えて服を選んでみましょう。

また、いざ暑かったら脱げるようにしておけば安心して多めの服装で行えますよね。だから前開きで脱ぎやすいものを上に着るようにしましょう。首から脱がないとダメなのはサッと脱げませんからね。