最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 運動
  3. ダイエットにはやっぱり運動が必要

ダイエットにはやっぱり運動が必要

ダイエットにどうして運動が必要なのでしょう。

ダイエットにはやっぱり運動も必要だということは、生体の理屈としても皆さん納得されているはずです。

それでも、運動をしなくてもダイエットできる○○するだけダイエットに惹かれてしまう人がたくさんいます。

結局それだけ運動はしたくないという人が多いということですね。

だからこそ、ダイエットが必要になっちゃうということかも知れません。

そこで、運動をするときに、ダイエットにどんな運動がどうして必要か知っておく方が続けられると思いますので、ちょっとお話をしたいと思います。

運動がダイエットに必要な理由

ダイエットは食事などで口から入る食物のカロリーと、消費されるカロリーがとんとんだったら太らないということは理論上のお話です。

もちろんそれが基本ですが、消費ができないほどのカロリー摂取をしている人や、消費するための代謝が悪い人などは太ってしまうわけですね。

そこで、運動によってダイエットするにはいろいろな理由があるのです。

一つは有酸素運動で熱消費をして食べた分のカロリーを少しでも減らす。

これは思ったより相当運動しても少しのカロリーしか減らないのでがっかりするぐらいです。

でも、それだけではなく、代謝が良くなるために運動をするという理由もあります。

また、無酸素運動で筋肉を付けて、それによって代謝を良くするという理由があります。

この2種類の運動によって脂肪燃焼の手伝いと筋肉作りと代謝アップをさせていくということなのです。

代謝は本当に普通の生活をしていていも代謝が良ければカロリー消費はどんどん行なわれます。

しかし代謝が悪いと、水を飲んでいても太ると言う人がいますが、まさにそんな感じに太っていきます。

そのために運動が大切だということなのです。

今太っている、太ってきた人は特に代謝も落ちているはずです。

それを考えても運動は大切だということですね。

運動効果はじわじわと出てくる

先に書いたように、運動自体は相当長い時間やらないとはっきりとした脂肪燃焼効果はなく、ダイエット効果が如実にすぐに現れることはありません。

でも運動することで体中の細部にわたって筋肉ができます。

例えば機械でもモーターが無ければ燃料は使われません。

でも、モーターが動けば燃料は使われます。

そのモーターの力が強まればもちろん燃料ももっと必要になります。

そこで体も同じことがいるのです。

細かいところに少しずつでもたくさんの筋肉がつくことで、モーターの力が強くなるのと同じ作用があります。

それによって脂肪燃焼の量もずっと増えるということになります。

脂肪が燃えるということは代謝のいい体ができるということです。
エネルギー燃焼が高いということで、体に溜まる脂肪は少なくなってきます。

そこで運動はどうしても欠かせないということが言われるのです。

運動はもっと気軽にやろう

でも、運動が苦手だ、好きじゃないという人も多いですね。

また時間がないと言う人もいますよね。

そこで、理想は毎日30分以上というものですが、まず毎日の運動はやめて2日おきにしてみましょう。

30分というのには意味があり、脂肪燃焼がスタートするのに15分から20分かかるので、最低30分というのは縮められません。

そこで、毎日の運動を3日に一度にしてみましょう。

つまり週に2回なら、ウオーキングでもやっていけますね。

例えばウイークデーに1回、休日に1回から始めてもいいですね。

それから1日おきにすると今度は週に3回ほどですね。

つまりもう1日、ウオーキングの日を増やします。

それだけでも、そういう運動をしてなかった人のからだは喜んでいるというわけです。。

こんなかたちでウオーキングだけでなく、なんでも興味のあることをやってみましょう。

例えば週に1回は筋トレジムでもいいですね。

エアロビクスの教室に休日に通ってもいいし、プールに通ってもいいですね。

こんなふうにいろいろなタイプの運動をするのも一つです。

運動しない週があってもいいじゃない

そして全く運動しない週があったっていいんです。ずっとやらないのはダメですが、たまたまやらない週があったって普通のことです。それでいきなり太りだすなんてことはありません。

逆に毎週やらないと!と義務感を感じていると、それがストレスになって運動が嫌になってきて続かなくなります。

一時期に詰めてやるより、もっと長い間続けられるようにすることを優先しましょう。