最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 運動
  3. 生活の一部に有酸素運動を入れてみよう

生活の一部に有酸素運動を入れてみよう

ダイエットにはやっぱり有酸素運動が必要になります。

もちろん筋肉作りを積極的にする場合は無酸素運動の筋トレも必要になりますが、ダイエットとして代謝をよくするための筋肉作りなら有酸素運動とストレッチでじゅうぶんです。

そこで、生活の一部に有酸素運動を入れてしまうというのはどうでしょう。

プールにしてもエアロビクス教室にしても、通うということがあり、なかなか続きませんね。

その点、生活の一部にしてしまえば、自然に続けることができるのではないでしょうか。

わたしの場合は週に3日は会社の帰りに一駅ウオーキングをしています。

朝は汗をかくのが嫌なので、そのまま会社に行きますが、いつもジョギングシューズを持っていて、帰りは一駅歩きます。

ちょっと元気があって、季節のいいときなどは2駅歩いたりしてしまいます。

それなりに風景も楽しく、街を見ながらなので、なんとなく続いています。

また、3階までは階段を使うと決めています。

それ以上はきつくて続かなかったという体験があるので、今はもう3階という条件を自ら付けてしまいました。

その方が逆に長く続きます。

やはり会社では汗をかきたくないという気持ちがあるんです。

お化粧も崩れるし、汗臭くなりたくないしと、いろいろあってやっぱり3階が限界です。

それも会議などの前には、エレベータを使うようにしています。

あまり嫌なことはやめるようにしているのも、続けるための方法だと思っています。

朝は家から自転車で駅まで10分。

でも、それはなるべく歩くようにしています。

また、掃除をするのもきれい好きでもないわたしですが、生活の中の有酸素運動というコンセプトで休日などは拭き掃除など結構するようにしています。

おかげさまでダイエットを始めてから部屋も綺麗になってしまって、一石二鳥です。

このようにダイエット運動を日常の生活の一部に入れてしまっていると、長く続きますよ。