最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 運動
  3. ウオーキングのお勧め(脳とのかかわり)

ウオーキングのお勧め(脳とのかかわり)

ウオーキングが脳の働きに大きな影響を与えることをご存じですか。

人間の足って、全身の筋肉の3分の2が集っているんです。これもちょっと驚きではないでしょうか。

私は初め、そのことを聞いて、本当に意外でした。

しかし、その筋肉の集中している足を使ってウオーキングをすることで、それが神経から脳に刺激を与えるということなのです。

ウオーキングは足の筋肉を伸び縮みさせますね。それによって下半身に溜まった老廃物や血液を心臓へ押し出してくれます。

血液は上から下に流れていき、下からまた心臓に向って押し出されなければならないのですが、下で溜まってしまうことがあります。

ふくらはぎは第二の心臓と言われていますが、それは下の血液を上に押し上げるポンプだという意味なのです。20分もウオーキングをしていると頭がすっきりしてくるはずです。

これは脳に血液が活発に流れ始めた証拠とも言えることなんです。人は何かアイディアを出したいと思ったときに、部屋をぐるぐる歩き回るという態度をしますね。あれは自然に脳の働きをよくするために理に叶っているということですね。

じっとしているだけでは、アイディアなどという新しいものは浮ばないのでしょう。脳とウオーキングはとても深い関係があったということです。

年齢とともに体を動かさなくなるので、どんどんウオーキングをしたほうがいですね。気分転換をするといったら、ちょっと散歩など、わたしたちは自然にウオーキングをしています。

脳の活性にはウオーキングということですね。