最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 運動
  3. 基礎代謝と年齢の関係を知ると運動の大切さが分かる

基礎代謝と年齢の関係を知ると運動の大切さが分かる

ダイエットのためにも代謝がとても大切だということは皆さん知っていることではないでしょうか。

必要なエネルギーの中の60%は基礎代謝だということもご存じでしょうか。

基礎代謝はそれこそ寝ていても消耗するエネルギー量です。

しかし、これは年齢とともに少なくなってくると言われています。

つまり、同じ量のものを食べていても若い頃なら60%の基礎代謝があったものが40%になってしまったということもあるということです。

若い頃だったら残りの40%を生活で動く、運動をするということで消費すれば脂肪にはたまらないという計算になります。

でも、中年になったときには残りの60%を生活の動きと運動で消費する必要があります。

しかし逆に若い頃より生活での動きも運動も少なくなっている上に、摂取エネルギーは結構高くなったりしています。

そうなると結局プラスマイナスで脂肪がどんどん溜まっていくということですね。

基礎代謝が急に激減するのは個人差があるとは言っても40代から50代に掛けてと言われています。

つまり中年太りっていうのはこれが原因だということなのです。

これが代謝の基本的なお話です。

では基礎代謝はどういうことで決まるのでしょう。

骨、筋肉、血管、内臓、脂肪などの中で例えば寝ているときにエネルギーを消耗するのは筋肉といわれています。

また消耗しにくいのが脂肪と言われています。年齢とともに筋肉はどんどん減っていきます。

筋肉が減るということは基礎代謝がへるということで、ここでも年齢でどんどん基礎代謝が下がる原因があるということなのです。

だからこそ、中年になったら筋肉を付ける、運動をするということに努力する必要があるということですね。

昔は体が年取るのが早く、内臓もどんどん年取ってしまったので、基礎代謝が少なくなることで食べ物がそんなに食べられなくても元気でいられたわけですね。

でも、今の中年、老年は、内臓も元気なのでエネルギーが余るという問題が出てしまっているのですね。