最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 運動
  3. 下半身ダイエットを水圧を使ってプールでやろう

下半身ダイエットを水圧を使ってプールでやろう

ダイエットのために水泳をしている人も今はたくさんいるのではないでしょうか。

水泳は運動としては有酸素運動としてもとても優れた運動であることは確かです。水泳の場合は単なる有酸素運動の他に水圧があるので下半身にはとてもいい運動です。

水中では呼吸も深いので筋肉が鍛えられ、代謝もアップしていきますので効果も大きいです。

プールでは一番深いところが一番水圧が高いので、下の位置にある足は特に水圧で鍛えられるということになります。水圧で水の中と外で大きな差があるので、この水圧差がダイエットの効果をまた上げてくれます。

また、下半身太りの場合、綺麗な筋肉を付けることでよりダイエットと形を整えることができます。

水の中で歩くだけでも外で歩くときよりずっと水圧がかかり、筋トレができるので、泳がずにプールの縁をずっと歩くというダイエットもあるほどなんですよ。

水の中で膝を高く上げて大股で歩くと、とても歩きにくいのですが、これこそが筋肉を綺麗に付けてくれる秘訣ということなんですね。

プールでは最低30分は運動したいものですが、できれば1時間ぐらい頑張ってしまいましょう。

毎日でなくても週に1回でもいいのです。週に1回でも続けることが重要です。

そして、それプラス大股で早めのウオーキングをプラスしてみると、本当に下半身が軽くなってきますよ。この水圧の差を利用できるので、水泳は下半身ダイエットをするのに効率がいいわけです。

下半身太りの原因の中にふくらはぎや太ももなどの筋力不足がありますが、水泳によって、下半身の筋力強化と同時に下半身のむくみを取り除く事で、全身のダイエットはもちろん下半身ダエットにも効果が期待できるということになります

大体約30分~60分泳ぐことでダイエット効果が出てきますよ。