最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 食事制限・運動いらず
  3. サウナダイエットでの失敗は飲み過ぎ食べ過ぎ

サウナダイエットでの失敗は飲み過ぎ食べ過ぎ

ダイエットを考えるときに、サウナダイエットがあります。

サウナに通いなるべく汗を流すと言うダイエットです。

老廃物も流れ出て、代謝も良くなり体重も減るという理論です。

確かに水分が大半の人間は水分を相当出すことで体重は2キロも3キロも1回のサウナで減る人もいます。

でも、それは必要な水分まで出しているからだけのことです。

ただ、老廃物を流し、代謝も良くし、その上汗を出そうとすることでカロリーも消費しますので、悪いダイエット法とは言えません。

ただし、そこにも大きな落とし穴があります。

まず水分不足になるので、どうしても水分を大量に摂取する必要があります。

そのときに、つい甘いものやビールなどを飲んでしまうと、本末転倒ということになってしまいます。

また、とても強い疲労感もあるので、食欲がいつもより多く出てしまうということもあります。

一見体重が減るのでつい気持ちが緩みがちなところに、空腹感やのどの渇きが強くあれば、誘惑にも負けやすいですね。

そういうことからサウナダイエットを失敗する人もでてきます。
サウナダイエットをしたときは、水分補給はお水にしておきましょう。

食べ物はいつもと同じように普通の量意外は増やさない。

これが守れる自信がなければサウナは逆にダイエットの敵ということにもなりかねません。

ダイエット中の停滞期などに、このサウナダイエットをとりいれるとまた体重が動き出すことがあります。

体重の減量が止まったときには、サウナにしょっちゅう通い、代謝を良くすることで停滞期を乗り越えることができる場合もあります。