最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 食事制限・運動いらず
  3. お風呂ダイエットの勘違いとお風呂の利用法

お風呂ダイエットの勘違いとお風呂の利用法

お風呂ダイエットというものも結構人気があります。

お風呂ダイエットはいろいろな方法があります。

15分38度のお風呂に入り5分出て、また入ってというのを繰り返す方法もあります。

お風呂の中でひねり運動をしたりするダイエット運動もあります。

ふたを閉め顔だけ首から出し、サウナのように使うという方法もあります。

お風呂を使ったダイエットは本当にさまざま出ては消えて行きます。

でも、代謝を上げるということは素人でもわかり、ダイエットにとてもいい感じがしますね。

確かにゆっくり入ることで汗もかき、代謝がとても上がった気がしますし、体重も1キロぐらいは減りますよね。

そこで、長い時間かけてできるだけ汗を振り絞ろうと考える人も多いようです。

確かに汗を思い切りかくことでデトックスや代謝アップには効果があります。

でも、長風呂は貧血を起したり、異常な疲れを催したり、心臓に負担がかかりすぎるということもあります。

やはりなんでもかんでも長風呂がいいというのは大きな間違いですね。

お風呂はそんなにダイエットとしてガツガツするより、リラックスしてストレス解消の場として使った方がいいと思います。

ストレスも太ってしまう大きな理由の一つなのですから、まず心身のストレスをお風呂でゆっくり取りましょう。

アロマバスなどでストレスを取るといいのではないでしょうか。
そして、気持ち良くお風呂に入っても代謝アップにはつながります。

代謝アップはそれだけで痩せるというものではなく、痩せられる体の基礎ができたということですから、あとは体を動かす努力も必要になります。

お風呂だけで痩せようなんて考えては大きな間違いということになってしまします。