最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 食事
  3. ダイエットを意識した食生活

ダイエットを意識した食生活

ダイエットを意識した食生活には、必要な栄養とカロリーはきちんと摂った上で、ダイエットのポイントをつかんで、ダイエットな毎日を習慣付けることが大切なことでなないでしょうか。

多くの失敗した人がリバウンドに苦しむはめになってしまいます。

リバウンドの理論が分かると3食しっかり食べるということも、どんなに大切か分かるかも知れませんね。

ダイエットを意識した生活のためのポイントの1つに、きちんと食べることが挙げられます。

3食を抜かずに食べる

まず、ダイエットで朝食を抜く人って多いんですね。

それは朝食は抜きやすい理由があります。

もちろん少しでもダイエットを考えてカロリーを摂りたくないという理由もあります。
でも、その他にこんな理由があります。

まず朝は忙しい、時間がないから抜きやすい。朝起きてすぐに食欲がない。すぐにランチになるから我慢できるなどがあります。

まず、朝時間がないという人の場合、夜更かしが原因ということが多いようです。

これはダイエット的に見ても改善が必要になります。

朝起きてすぐに食欲がないというのも夜更かしの他にも前日の夕食が遅かったり、食べ過ぎたり、夜食を食べたりという理由がある場合もあります。

これもすべて改善すべきことですね。

朝食を抜かしてしまうという理由の中にダイエット的に最悪なことが潜んでいます。もし心辺りがあったらしっかり改善しましょう。

では、どうして1食抜かすのは良くないのでしょう。

それは体の生命維持装置の問題なのです。

急激に摂取カロリーが減ることでも起こりますが、体の生命維持装置はとても敏感ですが、全体まで見渡して考えるようなものではありません。

つはり、毎日食べていた時間にそれなりの食事が入って来ないと生命維持装置が働き出します。収入が減ったら支出を抑えるのは当然ですね。

それと同じで体も摂取量が減ると、熱量の消費を抑えるように細胞に命令を出します。そこで、燃焼の悪い代謝の悪い体になってしまうのです。

ですから逆に1食抜くことで逆に太ってくることもあります。

もちろん1日の摂取カロリーが少なければ痩せてきますが、それはそのときだけであとですぐにリバウンドが始まります。

代謝がしっかり行える体にすることが、本当のダイエットの目的なのです。

そのことからも3食をきちんと摂るということは、ダイエットの成功につながることだということです。

食べる時間と夜食

ダイエットにはちょっとした意識を持つだけでも、随分違ってくることがたくさんあります。

食生活の中にもいろいろなポイントがあり、それをちょっとでも意識した食生活を送りたいですね。

食事に関して言うと、食事の摂り方、質、そして食べる時間もポイントになります。

食時間をダイエット的に考えると、なるべくいつも食べる時間を決めること。

夜寝る前の4時間前には夕食を摂る。夜食は食べないということが原則です。

まず睡眠時間をしっかり取ることとダイエットの関係を考えましょう。

睡眠時間をしっかり取ることは、ダイエットで一番大切な代謝を良くする意味ではとても大切になります。

睡眠不足は代謝をとても落としてしまいます。

つまり脂質、糖質の代謝のできない体になってしまうということです。代謝さえうまく流れれば、ある程度食べても問題ないわけです。

夜の食事を寝る前の4時間までというのは、そのぐらいは消化に時間がかかるからです。

消化が終ってないと、代謝はいいかたちで起こらなくなってしまいます。そんな理由から就寝前4時間というのですが、だったら就寝が2時だったら食事は10時でいいのでしょうか。

いろいろな生活パターンの人がいますので、そのサイクルが仕事でどうしてもというなら仕方ないですね。

でも、できれば10時から2時は、黄金の時間で人間の代謝のとても活発な時間ですので、その時間帯には寝ているようにしましょう。

つまり11時にねるとして、最高で7時には夕食をということになります。また、夜食はダイエットをしている人、ダイエットを意識している人は厳禁としましょう。

食べる順番

ダイエットを意識した食生活を普段の食生活に心掛けることで、リバウンドを防いだり、これからの健康でダイエットな人生のための食生活に役立てたりしたいものです。

そこでいくつかのポイントを知っておくだけで、随分ダイエットな食生活が送れるはずです。

ちょっとしたポイントで毎日の食生活が随分ダイエットになります。

しかし、完ぺきを求めないようにして欲しいと思います。

食事は楽しく、おいしいものを食べるという楽しみや生きる力にもなるのです。ダイエットだからといって、つらいことを徹底的にすることは逆効果です。

少しでも改善する知識として、この知識を上手に使うようにしましょう。

食べる順番によってダイエットになる

まず、食事が目の前に出てきてから、すぐにガツガツといきたいところですが、1つ時間を確かめましょう。

食べ始めてから20分後から満腹感が起こります。

もちろん個人差も少しあるし、満腹感覚に頼っても良くないのですが、とにかく20分は満腹を感じにくいのです。

そこで、まず20分は時間を稼ぐという意味でゆっくり食べるということが言えると思います。

その他の理由として、しっかり噛むこと、何回も噛むことで満腹中枢を刺激するのでより満腹感を感じることができるということがあります。

次に栄養素の問題です。

まず先に食物繊維と水分を入れることで食物繊維が胃の中で膨らみだします。

特に水溶性食物繊維はどんどん膨らみます。

そして、後から入ってきた、特に油分を包み込みそのまま吸収されないかたちで、排出されるようになっていきます。

この作用がダイエットには大切ですね。

先に食物繊維のあるものを食べるということは野菜、海藻、キノコなどを先に食べるということですね。

すると後の方で満腹になってくるので、それもダイエットとしては嬉しいことですよね。

油分と砂糖分

ダイエットしているときは徹底して頑張っていても、ずっとそれを続けるのは大変です。

それでやめたらリバウンドなんていうのももっと嫌ですね。

そこで、ダイエットだからといって、必要なカロリーはしっかり摂るようにしましょう。もちろん、栄養もタップリ摂るように考えた食生活が大切になります。

そこで、普通の食事の中で意識することをお伝えしたいと思います。

糖質と脂質のセットは危険

お砂糖分と油分を一緒に摂らないようにしたいということです。

おかずなどは砂糖を減らすことで、この最悪なセットの弊害が少なくなりますね。

でも、やっぱり肉じゃがだって食べたいですね。

そんなときは、肉じゃがとセットのおかずは、赤身の刺身や鶏のササミなどの油分の少ないものとの組み合わせでいきましょう。ステーキなど油分の強いものには砂糖を使わないメニューで。

もちろん、洋菓子はバター分などと砂糖のセットですから、和菓子の方がカロリーは同じでも吸収がまったく違ってきます。

食事のひとときにジュースなど甘い飲み物とのセットは厳禁だということになりますね。食事中も食後も甘いコーヒーやジュースも本当はヤバイといことです。

カロリーが同じでも吸収のことを考えると糖と油のセットは最悪であり、なるべく避ける意識を持つようにしたいものです。

ただし、それを真剣に避けるようにすると、食事が食べられなくなってしまいます。

つまり、わたしたちが普段食べている食事は、砂糖と油のセットが当り前になっているからです。あまり神経質にはならず、しかし少しでもこの知識を参考にメニューを考えることは大切です。

また、食後のデザート的なものや間食的なものは、ケーキから大福、クッキーからおせんべいへの変更などができるものもありますね。

ポイントは完ぺきを望まず、知識を上手に利用することではないでしょうか。

ケーキが一生食べられないなんて、ストイックなダイエットがいいわけではないのです。

毎日食べていた人は週に1回に、週に1回食べていた人は月一に、月一で食べていた人は3カ月に1回に変更するだけでも、ずっとダイエットな人生になるんですものね。

以上、食生活とダイエットについていろいろ見てきましたが、その中で常に共通しているのは無理をしない、ストイックになり過ぎないということ。

ダイエットは頑張ってやるイメージがあり、すぐに食事制限が思いつき実行されます。

しかし人間本来にとっての食事は制限するためにあるものではありません。あくまで、食べ過ぎている、偏っている栄養を標準に戻す作業をするだけです。

このことを間違い、過剰に減らす、急激に減らす人が跡を絶ちません。

標準に戻す作業なので、劇的にはやせませんが、確実に続けることができます。適度に自分を甘やかしながら、徐々に無理なくやっていきましょう。