最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 食事
  3. ダイエットのための食事の基本を知っておこう

ダイエットのための食事の基本を知っておこう

ダイエットを心掛けているなら、食事の基本の注意を心得ておいた方がいいと思います。
ちょっとしたことでも、これらの基本を当てはめながら考えるといいのではないでしょうか。

糖分と脂肪を同時に摂らないこと

これって、すごくおいしいことが多いんですよね。
例えばバターを塗ったトーストにジャムなんて、まったくそのとおりですね。
甘いお砂糖のいっぱいついたドーナツ。
揚げせんべいにジュース。

調理方法でカロリー調整

調理法で言うと、揚げるのが一番カロリーが高いですね。
次が砂糖を結構使う煮物、次が油で炒めるもの、次に焼く、蒸らすのように素材からの油も出すことができます。

このように、調理法1つで随分カロリーは変わってきますので、いろいろ考えて調理しましょう。

食事の量は朝2、昼3、夕1にする

食事は昼が一番カロリーを高くし、夕食を一番軽くしましょう。
夕食とはよく言ったもので、夕方に食べたいものです。
少なくともなるべく早い時間に食べるようにし、就寝の4時間は前に終らせるのが理想です。

夕食後に軽い運動をする

夕食後はとにかくカロリーを減らしたいので、夕食後にウオーキングなど運動をしたいところです。
食事の後の運動はインスリンの分泌を抑えることガできるので、血液中の脂肪が抑えられるということが一番の理由となります。

主食はご飯で

主食は炭水化物なのでパンやうどんなどもあります。
でも、米との違いは固形物と粉ということです。

粉の方がインスリンの分泌は盛んになるという部分でお米をおすすめします。
また、パンにはバターやジャム、スパゲッティーにはオイルなどご飯より何かとプラスαも食べることになってしまいます。

そのようなことからも主食は白米をおすすめしたいですね。