最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 食事
  3. ダイエットなら朝食をしっかり良質タンパクで

ダイエットなら朝食をしっかり良質タンパクで

ダイエットを考えている人なら、朝食を抜くことを考えるかも知れません。
でもそれでは、リバウンドの問題が起こってくることがあります。

そこで、1つの参考になるお話をしたいと思います。

これはカンザス大学医療センターの調査の結果です。
10代の男女に朝食に良質のタンパクをしっかり摂るようにしたところ、昼食はずっと少なくて充足感があったということなのです。

つまり、朝食にきちんと良質タンパクを摂ることで、逆に一日のカロリーを落とすことができるということです。
まず朝食を抜くということより、しっかりタンパク質を食べることですね。

逆に炭水化物を減らし、ビタミンの多い果物などと組み合わせるといいのではないでしょうか。
良質タンパクで朝食に合うものというと、卵があります。

卵とフルーツにサラダなんていいですね。
もちろん、パンも多すぎない程度なら逆に腹持ちがよくいいと思います。

朝食を抜くと逆に体は栄養を摂らなくては大変とパニックを起し、次の食事で思い切り吸収し、脂肪として溜めようとします。

例えばナッツはビタミンEが豊富で代謝にもとてもいいと言われています。
結構ナッツはカロリーも高いのですがピスタチオはタンパク質が多く、脂肪は少なく、食物繊維が豊富ということでおすすめです。

ダイエット中にはどうしても栄養が足らなくなることもあります。
朝食や間食にこのピスタチオを食べることで腹持ちがよく、ミネラルやビタミンも豊富なので、ぜひおすすめです。