最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 食事
  3. リバウンドって脳の錯覚によって起こるもの

リバウンドって脳の錯覚によって起こるもの

ダイエットをしているとリバウンドが起こることも多々有ります。

その理由ってどういうことなのでしょう。

知っておくと、リバウンドしないようにダイエットができますよ。

まずダイエットによって食事を今までよりずっと減らします。

今食べている量が脳にとっては「普通」になってしまっています。

ある意味脳も大きな勘違いをしているわけですね。

そして急激に食事量を減らすことで、脳は生命維持ができなくなるかも知れないと、これも勘違いします。

そこで、急速に体中の細胞に命令を送って、吸収を多く、代謝は少なくしていきます。

この状態のままいられるなら、またこの状態を「普通」と脳はいずれ考えるようになります。

今度は吸収し過ぎす体、代謝の悪い体になっているので、食事を元にもどしたりしたら大変です。

ちょっとの量ですぐに吸収され、代謝は良くないので脂肪燃焼は少ないのですから、すぐに太ります。

これはダイエット前の体よりまずい状態になっていることがほとんどです。

そこでリバウンドが起こってしまうということなのですね。

これは毎日の食事でも言えることです。

毎日食べている朝食をちょくちょく抜くと、昼食で頑張って吸収しようとします。

その上、その日1日代謝の悪い1日になってしまいます。

リバウンドは脳の錯覚から起こることだとも言えるようです。

しかし、生命をつかさどる脳はちょっとの変化も逃さない優秀なコンピューターでもあるということですね。

リバウンドのないダイエットは、必要な栄養とカロリーを保ちながら実行していくことが大切だということになるのです。