最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 食事
  3. 食べ物の無駄は良くないけど……

食べ物の無駄は良くないけど……

最近太ったと感じている人の中に、もったいない太りの人も結構いるようです。

特に食事を作る女性に多いことですね。

やはり一生懸命食事を作ったり、材料を購入したりしている女性は、料理を残されるとついもったいないと感じてしまい、家族の残ったものをついついつまんでお皿を綺麗にしてしまいます。

小さい子供のいる女性は特にこのもったいない太りに陥ることがあります。

ちょっとだけなのですが、毎日毎回これがプラスされることで意外とカロリーが高くなってしまいます。

家族の残りものは、ほんのちょっとだからこそ食べてしまうはずですね。

もし、たっぷり残ったら次の食事に回すことも考えるのですが、ほんの少しだからこそつい手が出てしまいます。

しかし、このほんの少しがくせものです。

これを止めただけでも、ダイエットできたという人もいるのです。

その人の太る原因がもったえない太りだけなら、これをやめることでダイエットになります。

もちろん、食事療法や運動などの意識もしながら、もったいない太りにも注意することも大切ですね。

かといって、残り物を捨てるというのはちょっとエコじゃないですね。

ほんの少しでも残ったら小皿に摂っておき、次の食事のときに使うのはどうでしょう。

わたしのやっていることのご紹介です。

ちょっとの肉じゃがなどがのこったらそれを軽くつぶして卵と合わせて焼くと、卵の甘焼きになっておいしいですよ。

またちょっとだけお肉が残ったら、あとで細かく切ってサラダにかけたりします。

天ぷらが少しのこったら、後で小天丼をつくったり、素うどんに入れて天ぷらうどんにしたりします。

ほんのちょっとを、後回しにして無駄をせずに、もんたいない太りもおさらばです。