最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 食事
  3. 居酒屋などでのダイエット中のメニュー

居酒屋などでのダイエット中のメニュー

ダイエット中でも居酒屋にも行きますよね。仕事の付き合い、友だちの誘いなど断れないことって多いと思います。

それにダイエットをしていなくても、いつもダイエット的な注意をしている女性はとても多いですよね。

まず、どんなものを食べようかと思ったときには、「素材」が基本ということを忘れないようにしましょう。

素材が基本ということは、素材から遠くなるものを選ばないということです。

素材そのものが食べられるものに着目しよう

例えば鳥肉だったら唐揚げより焼いただけの焼き鳥に。

焼き鳥だったら塩味とタレだったら塩の方が素材に近いですね。

つまり、野菜でもなんでも手間がかかってない、そのままに近いものを選ぼうということです。

野菜でもサラダやおひたしは素材のままに近いですよね。

こってり炒めたものは、素材の味が遠いので、少しでも素材のまま、素材の味に近いものを選びましょう。

お豆腐でも揚げ出し豆腐と冷や奴ではどちらが素材に近いのか。

もちろん冷や奴ですよね。

ご飯だったらお茶漬けとチャーハンならお茶漬けですね。

魚も煮るより焼くや刺身ということになります。

料理法や油の量など気にすることはたくさんありますが、このように素材に近い味ということが基本に持っていると、それだけでカロリーの低いものになっていきますよ。

やっぱり「素材」を基本に考え、素材の味がなるべくそのまま食べられるものを居酒屋でも選ぶようにしましょう。

見た目だけでは分からないぞ

例えばサラダでも、ドレッシングのしっかりかかったものは、野菜の素材からは遠くなります。

やっぱりお塩、こしょうだけで食べれば、本当に野菜の素材そのままで、もちろんカロリーも低くなります。

うっかりするのがお寿司の軍艦や太巻き、手巻きでサラダ風のものです。

お寿司はローカロリーでも、マヨネーズが多いので要注意なんですよ。

でも楽しくないでしょ?これだと

でも、居酒屋に行く度にこんなことをずっと考えていては楽しくありません。ストレスになって逆に家でたくさん食べてしまったりします。

ここで紹介したような方法は、毎回毎回ではなく、忘年会シーズンとか飲み会が多い時期に実践してみましょう。

そのような時期はどうしても食べ過ぎで運動不足になりがちです。3回居酒屋に行くなら1回は以上のような方法で工夫してみましょう。それだけでも結構違ってきますよ。