最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 食事
  3. 早い夕食・夜抜き食事ダイエット

早い夕食・夜抜き食事ダイエット

夕食を早めにしちゃいましょうというダイエット法です。

もともと食事は21時までにといわれています。

もちろん、それは消化の事も考えて最低そのぐらいまでにということですね。

でもダイエット的にいうと、18時までにはという説もあるほどです。

ここではやはり夕方、16時、17時、18時が限界という時間に夕食を摂るということです。

寝るまでに何も食べないのが基本ですが、20時までなら豆乳や牛乳、甘みのないヨーグルトを一杯ならということなのです。

夜は食事の後はこれから働くわけでもなく、寝ている間は基礎代謝だけなので、どうしても胃に負担がない方がいいのです。

また寝ているときにいろいろな代謝が起こるので、それを消化されていないものがあると良くないという理由もあります。

次にご紹介するのは、先ほどののは早い夕食でしたが、これは夕食を抜いてしまうというダイエット法です。

朝食と昼食をしっかり摂り、1日2食というふうに決めてしまえばそれも1つですね。

でも、またいつか3食になるのだったら、リバウンドがちょっと気になりますね。

自分の生活のリズムをしっかり持っている人で1日2食、朝と昼というふうに決めてしまったら、代謝にもいいかも知れません。

初めのうちにどうしても空腹が襲ってきたら牛乳、豆乳、ヨーグルトを一杯ならいいということです。

ただ、夕食って一般的には人間関係を深める時間帯でもあり、食事でもあることも多いので、そこのところが回りと合わせるのにどうやっていくかということも考えないとまずいですね。

また、残りの2食もカロリーダウンを急激にすると、ダイエットしながらリバウンドが起こります。

そのために代謝の悪い体質が作られることがあるので、栄養やカロリーのダウンも急激には行なわない方がいいでしょう。