最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 食事
  3. ダイエットのコツ(揚げ物)

ダイエットのコツ(揚げ物)

揚げ物ってカロリー高いし、ダイエットでは禁止メニューの1つですよね。

でもたまには食べたくなることもありますね。

また、主婦だったら子どもや夫には食べさせたいメニューの1つでもありますよね。

そんなときに、揚げ物の油を少しでも減らすことを考えましょう。

さて、どんな方法でカロリーを減らしましょうか。

油を吸ってしまう率を吸油率と言い、油を吸いやすい順に揚げ物を挙げてみると、フリッター、天ぷら、フライ、唐揚げ、素揚げの順になります。

フリッターの吸油率が高いのは衣が厚いからなのです。

つまり、この順番を見ていると衣の厚い順に吸油率が高くなるんですね。

これはカロリーが高いということにもつながるわけですね。

次にこんなこともちょっと注意するといいですよ。

例えばカツの場合、一口カツと一枚の大きいカツのどっちがカロリーが高いでしょう。

そうなんです、一口カツは衣の部分が多いので、一枚のカツより同じ重さを比べるとずっと一口カツの方がカロリーが高くなります。

こんなふうに考えると小さいコロコロコロッケをいくつか食べるより、ちょっと大きめの1つの方がいいということですね。

また、コロッケってサッと衣に火が入ればそれでできあがりですね。
わりと高温でサッと揚げます。

でも、カツは中の肉にしっかり火が通るまで長時間揚げています。
そのとき火加減は中温でじっくり揚げますよね。

もちろん、早く揚がる方がずっとカロリーは低いのです。

なるべく高温でカラッと早く揚がるものの方がカロリーは低いのです。

その理由の1つに揚がった後の油の切れを考えると、高温でカラッと揚げた方がずっと切れやすいんです。

こんなふうに揚げ物を作る際にもカロリーを考えて、ちょっとしたことでカロリーカットができるんです。