最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 食事
  3. 1日5食・よく噛む

1日5食・よく噛む

1日に5食食べるダイエット法というもののご紹介です。

太っている人の多くが食事の見直しが大切のようです。

まずは食べ癖に問題があるといわれてます。

つまり食べる量よりも、食べる偏りがあるということの方が問題だというとらえ方です。

動物性タンパク質をしっかり摂ろうというコンセプトです。

1日5食にすることで食べられないというストレスを減らすこと。

また、細かく分けることでいつも同じような物を食べていることに気が付きますので、それを改善する。

いろいろなものをちょっとずつ楽しむという方法です。

1日に必要なカロリーを5回に分けて食事として摂るようにしましょうという方法です。

家庭にいつもいる主婦にはやりやすいことかも知れませんね。

次に、よく噛むダイエットのお話です。

一口入れたら、それに対して30回以上噛むというのが基本です。

だんだん食事中に疲れてきて満腹感も出てくるので、たくさん食べずに済むということなのです。

噛むことは満腹中枢の刺激による満腹感と、20分ぐらいで満腹感が出てくるというリズムを利用して、食べる時間を掛けることも意味があります。

これはしっかり食べることで量が減るだけでなく、噛むことが脳にとてもいい刺激を与え、「しっかり栄養を摂っているよ」と脳に知らせているということです。

脳の生命危機装置は安心し、必要以上に空腹感というサインをだいぶ減らしてくるので、お腹が空いたという気持ちになりにくいのです。

いつも満腹感、満足感を感じていられるのがこのダイエットの目的のようですよ。

よく噛むなんて、普通に取り入れられますね。

ちょっと試してみませんか。