最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. ダイエット食品・食材
  3. ダイエット食品でダイエットするのってどうなのかな?

ダイエット食品でダイエットするのってどうなのかな?

ダイエットで空腹感をごまかすための食品や食事の代わりのダイエット食品がたくさん売られています。

こんにゃくラーメンで一食100キロカロリーとか、ダイエットクッキーは普通のクッキーの5分の1のカロリーだったりします。

これらも使い方によっては強い味方だと言う人もいますよね。

もちろんそれもあると思いますが、間違った使い方をするとリバウンドで苦しむことになります。

ダイエット食品は、それに頼ってしまうので、ずっと食べ続けることができなければリバウンドということになるところがありますね。

例えば空腹感を感じたときにしても、体をちょっと動かすことで血糖値を上げ、体の中の脂肪を燃やすことで空腹感を減らすことができます。

ダイエット食品に頼ると、その空腹を食べるということで満たそうとします。

もちろん、その満たした食品にはカロリーがとても低いものだとしても、食べることで解消しています。

このようにすっといつまでもカロリーの低いダイエット食品を食べなければ、リバウンドしてしまうということに結び付きますね。

ダイエット食品に頼らなくても、食事は少なめ、空腹時にはその場で足踏みということで乗り越えられるはずです。

お腹が空くということをなぜ空くのかということを考えると、ただローカロリーのものを食べて満足することはとても危険なダイエットだということも言えるのです。

一生、おいしくないダイエット食品に頼って人生を送っていける自信がありますか?

もしそんなのは嫌だと思ったら、空腹をもう少し違う方向から考えると、ダイエット食品に手を出すことのばかばかしさが分かるのではないでしょうか。