最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. ダイエット食品・食材
  3. ダイコンおろしにお酢を入れちゃおう

ダイコンおろしにお酢を入れちゃおう

ダイコンおろしにお酢にポン酢って掛けますよね。

そんな感じでちょっとお酢を多めにします。

つまりダイコンおろしにちょっとのしょう油とお酢を大さじ1杯ぐらい(好みで)掛ければそれでオーケー。

ダイコンおろしとお酢って日本人なら焼き魚に添えて食べているものですね。

とても自然においしく感じるものの一つです。

この2つは、内臓の働きを高める効果があるんです。

この2つが相乗効果になって、ますますその効果は高まります。

ダイコンおろしにはビタミンCがあり、お酢のクエン酸には抗酸化作用があるので、活性酸素を取り血液サラサラ効果があります。

すべての病気は血液の流れからという言葉があるほど、この血液の流れが内臓の働きを高める力があるのです。

また、ダイコンおろしには消化を助ける成分があり、お酢の腸に良い成分とで胃腸もいい状態になります。

1日150gを目安に食べるといいですよ。

ただし、ダイコンなら何でもいということで生のダイコンサラダのようなものでは意味がありません。

ダイコンおろしにして、初めてこの成分が多く作られるのです。

また、ダイコンおろしは30分以上そのままにしておくと成分が変わってしまい、逆にあまり良くない成分も発生してきますんで、食べる直前におろすようにしましょう。

することでできるダイコンの酵素は、体にもダイエットにもいいということですね。
ちょっとすっぱめのダイコンおろしを焼き肉と一緒に食べるのも、おいしくいただけます。

また、納豆にダイコンおろしとお酢を入れてそこにオクラの切ったものを入れると、ヌルヌルと一緒になってもっと健康にもダイエットにもいいおかずになっちゃいますよ。

オクラや納豆には食物繊維が特に豊富に入っているので、胃腸の掃除にも抜群です。

こんな健康にいいものを何気無く食べていたわたしたち日本人は、やっぱりすばらしい食文化を持っていると自慢してもいいのではにでしょうか。