最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 考え方
  3. 停滞期は絶対あります

停滞期は絶対あります

停滞期はダイエットをしていると必ず訪れると言っていいほど多くの人が経験します。

ダイエットは進行期と停滞期を繰り返すのでそのときの対応を考えましょう。

まず、停滞期はある意味からだの信号と考えても良いと思います。

つまり、体が今までのダイエット(特に減食している場合)で、体がこれ以上少なくなると生命維持が危険だと考えるからこそ代謝を抑え体重の減量が止まると考えます。

このときに、今までよりもっと減食すると、本当に体が危険になったり、からだはもっと代謝を落とすことがあります。

ですからこの停滞期が始まったらまず今以上の減食ダイエットは考えないことです。

そして自分の今のダイエットの方法を見直してみることも必要です。

例えば、運動量が少ないのではないかということも見直しましょう。

また有酸素運動だけでなく無酸素運動も取り入れるようにするのもいいでしょう。

もちろん運動量を増やすことも考えてみましょう。

ただし一番陥りやすいのは、順調に体重が減っていた人が急に減量しなくなったと感じると、すぐにあせることがあります。

まず停滞期に入ったと感じて2カ月は今のままで続けてみることです。

それでも続くようなら、今のダイエットを見直すということですね。

この停滞期に入って、多くの人がダイエットをあきらめたり、あせったりしてしまいます。

これではせっかくの今までの努力がもったいないですよね。

停滞期はダイエットの進行中の証拠でもあるわけです。

ダイエットによって代謝が悪くなっているということなので、代謝がよくなるように考えていきましょう。

代謝を良くするには運動系を考えることが一番よいと思いますよ。