最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 考え方
  3. ダイエットをするなら体重計に乗る楽しみを習慣付ける

ダイエットをするなら体重計に乗る楽しみを習慣付ける

ダイエットをするならまず体重計に乗ることに楽しみを感じるようになりましょう。

太ってくると「体重計に乗るのが怖い」何て言いますよね。

それって実は本音なのです。

体重計に乗ることで太ってきていることを、現実に確認することになります。

いくら知っていても現実に目で見ることが怖いということがあるのでしょう。

でお、ダイエットをするなら、体重計を見て自分を叱咤し、そして減ったときには褒めてあげるというメリハリが必要だと思います。

まずダイエット計画の中に毎日の体重や体脂肪などをノートなどに付けるという義務を計画してしまいましょう。

そして、醜い自分も自覚し、現実に目を向けるようにしましょう。

そのときに初めて自分のダイエットを現実に覚悟することができるということなんですね。

体重計に乗っても、最近はだんだん増えて来た体重にとても不満や自分に対する腹立たしさを感じることも、とても大切だということになるのです。

1キロでも減ったときに、どんなに嬉しい気持ちになるでしょう。

そうなると、その1キロ減った理由を考えるとそこからダイエットをすることでもっと大きな期待が持てるようになります。

そんな心の変化がもっと痩せようという努力にかわってきます。

そして、たった100gといって笑う人もいるかも知れませんが、100g減っていくことさえ喜びに代わり、次のダイエットへの努力に変わって行くようになります。

こうなると体重計に乗らない方が変な気分になったりもします。

やっぱりダイエットをするには体重計を避けるようではなかなか成功はしませんよ。