最後のダイエット

「綺麗な女の美容法」トップページへ
  1. HOME
  2. 考え方
  3. ダイエットでストイックにならないこと

ダイエットでストイックにならないこと

ダイエットでストイックになることは、結構多いかも知れませんね。

ダイエットを始めると決心を付けたときに、人それぞれにいろいろなドラマがあります。

そこドラマは多くの場合、つらかったり、悲しかったり、ショックだったりすることがきっかけだという人って多いですよね。

もちろんドクターストップがかかった場合もあります。
しかし女性の場合の大半は、そういういろいろなつらいドラマがあったのでダイエットを決心するようです。

彼氏に振られた、好きな男性ができたから綺麗になりたい、悪口を聞いた、写真で思ったよりずっとデブな自分を見た、服が入らなくなった、鏡に映った自分にショックだったなどそのドラマはさまざまですね。

そんな理由でダイエットを始めると、とてもストイックになりがちです。

ストイック=失敗

ストイックになってダイエットを始めると、スタート時は理想的なダイエット生活を送りますが、それはあくまでも続かないことがほとんどです。

もともとダイエットをするって、今までの自分を大きく変えることになります。

まして食事など食べ物に関しての大きな変化はとても苦しいことなのです。

それもストイックな気持ちがあればそれもなんなりと乗り越えられます。

でも、それだけ早く息切れしてしまいます。

最初は計画も甘い方法で決めましょう。
そのかわり、自分に約束したことはきちんと守りましょう。

ストイックになってしまうと、結局花火のようなダイエット期間というわけですね。

パーッとダイエットして一気に終ってしまうなんて、意味ないですものね。

失敗しないためには、「苦しい」より「楽しい」に

ストイックにダイエットをすると、苦しいことが多いのではないでしょうか?ストイックさで誤魔化して我慢しているのではないでしょうか?

やはり今の生活習慣でダイエットが必要になったということは、とにかく今の生活習慣を変えるということになります。

今の生活習慣は誰でもとても楽な状態です。

それを変えることは誰にとっても、とても苦しいということになります。

そこでダイエットは義務や努力の連発で、もうだんだん苦しくなって続かないという失敗への道へ落ちていきます。

それでは、せっかくのダイエットの努力も水の泡ですね。

そこで、「苦しい」、「つらい」、「義務感」、「努力」、をあまり強く感じないようにしていきましょう。

例えば運動もなるべく毎日したいところですが、そこを厳しくし過ぎると逆効果ですよね。

そこで週に3日お休み日があったらどうでしょう。お休み日が楽しみになってきますね。

このように最初のうち1日おきにウオーキングをするというぐらいにしていましょう。1日おきのウオーキングが苦しいより、1日おきのお休み日が楽しみになりますよ。

最初はこの程度からスタートし、だんだん運動日を多くしていけばいいのです。また大好きなケーキがダイエットでは厳禁ですが、それでは苦しいだけです。

週に1回好きなものを食べていい日を作ったら、その日がとても楽しみになりますよね。

わたしはウオーキングのときに本の朗読のDVDを聞きながらやっているんです。お休み日は楽しみですが、ウオーキングの日も結構楽しくなってきているんです。

そして、もっと聞きたいと思っても、ウオーキングのときしか聞けないというふうにしておきます。だからウオーキングがとても楽しみになってきたんですよ。

このように、苦しみ、辛さを楽しみ、喜びにしていけば楽に続けられます。